良い眠りが美容や健康につながる

元来それほど自分の体が丈夫ではないと思っています。

家族の健康は自分から

良い眠りが美容や健康につながる 元来それほど自分の体が丈夫ではないと思っています。子供のころからしょっちゅう腹痛をおこしたり、風をひいたり、気が付いたら常に薬を飲んでいたような気がします。体を鍛えたり、それなりの予防をすればよいのですが、独身の頃は気ままに生活していたように思います。それが結婚をし、自分も年を重ねるとそれなりに健康の事について考えるようになりました。家族が出来ると、とにもかくにも、母親である自分が一番元気でなければならないなと実感する毎日です。たとえ自分が風邪をひいても、頭が痛くても、子供たちはお腹を空かせるし、洗濯物は毎日増えます。自分が動かないと家全体が元気がなくなってくるのが目に見えて明らかなのです。

結婚してから、明らかに自分が病気をしなくなったと思います。もしかしたらちょっとお腹いたいかも?頭痛いかも?と思っても、目の前の山の様な仕事と、子供の事を考えていたらいつの間にか痛さもどこかへ言っている事もしばしばあります。子供は小さいころはしょっちゅう風邪をひきます。病院へ連れて行くと同じような子供が沢山いて、自分も病気をもらわないようにとマスクをつけて、手の消毒をして予防をすることもするようにしています。家族を健康にするにはまず自分が一番健康である事と考えています。

注目の情報