良い眠りが美容や健康につながる

人は病気にかからず健康でいつまでも若くいる為には血液がいつも体内を滞ることなくキ・・・

人が健康で長生きする為には血液年齢を若く保つこと

良い眠りが美容や健康につながる 人は病気にかからず健康でいつまでも若くいる為には血液がいつも体内を滞ることなくキレイな血液が流れていることが重要になります。血液が汚れてしまう原因とはコレステロールや中性脂肪があります。食事をするなかでコレステロールを摂取しますがその中で胆汁として排泄されたりして体内に残るのは少なく肝臓や筋肉、骨など食事で取り入れるコレステロールの20倍の量が体内で合成され全身を巡ります。健康で代謝が正常であれば、体内や血液中のコレステロールは適正水準に維持されるわけです。

人の体の中で特に重要な器官は心臓になりますが、心臓の血液をつくり酸素や栄養を他の臓器や器官に運ぶ役割をしています。心臓に血液が正常に巡らなくなってしまうと心臓の筋肉の周りを取り巻いている冠状動脈中の血液から一時的に酸素や栄養素が減ってくると胸の痛みなど息苦しくなります。これが狭心症と呼ばれる発作で、血液が問題なく流れていればこのような状態にはなりません。この状態が進むと、心臓の筋肉が壊死したりします。これが心筋梗塞と呼ばれる病気で、これは冠状動脈が動脈硬化を起こすからです。動脈硬化が起こると血管が切れたり破れたりします。血管がいつまでも若ければ病気になりにくく、老化も遅くなり、元気で長生きできるということです。

注目の情報