良い眠りが美容や健康につながる

現代の食生活は太りやすい体にしています。

良い眠りが美容や健康につながる

良い眠りが美容や健康につながる 現代の食生活は太りやすい体にしています。昔の食事は野菜、豆類、精製されない穀類などが中心の日本食では食物繊維が多かったのですが、今では食が洋風化するにつれて、タンパク質や脂質の多い食事になり食物繊維をとる量も大きく減ってきています。それが肥満や便秘など色んな生活習慣病を招く要因でもあります。食生活で太らない、健康的で若さを保つには栄養のバランスも重要ですが、良い眠りも大切です。理想的な睡眠時間といえば7時間ぐらいがベストと言われますが、熟睡する時間帯も夜の10時ごろから午前2時ごろまで深い眠りであれば良い眠りで老化を抑える働きを持つ成長ホルモンの分泌を促してくれます。

良い睡眠をすることがストレスを解消したり若返りホルモンDHEAを増やします。このDHEAの役割は脳に回れば脳がイキイキし肌はみずみずしくなったり筋肉の衰えを妨げたり脂肪を燃やす作用や太らない体には欠かせません。又、DHEAの分泌を良くするには、副腎が健康な状態でなければいけません、その為には良い眠りで副腎を休息させることも大切です。良い眠りがとは成長ホルモンがしっかり分泌され美容や健康、ダイエットもかなえるホルモンです。

注目の情報